East Music Works's blog

なんでも屋eastによる、音楽レビュー、ベース、ヨーヨー、3Dプリンター&プロダクトなどのネタブログ。アーティスト・CDレビューを中心にゆるーく更新。

iPod touch (第5世代) の音質改善

「ハイレゾ?何それおいしいの?」

こだわることは善きこと也。どうもeastです。

※2014年5月6日追記 

 yahooの検索でこちらに飛んでこられる方が多いようなので、

 紹介する各アプリの項目からiTunesストアリンクも貼ってみました。

※2015年1月8日追記

 この記事を書いて1年経つので新しいアプリを試してみました。こちらもどーぞ。

 続・iPod touch (第5世代) の音質改善 ~EQu編~

 

最近、ずっと使ってたプレーヤーが壊れまして。

不本意ながら選択肢少なく、apple社の軍門に下ることとなりました。

f:id:eastMusicworks:20140122224242j:plain

左から、

cowon J3 1代目(2010年購入、電源ボタンに不具合)

cowon J3 2代目(2013年ヤフオクにて購入、ランニング中に落とし不具合発生)

iPod touch(不本意ながら、購入に踏み切る) 

で、ございます。

※写真では一応、J3に電源入ってますが、充電中に無理やりひっぺがしてます。

 電源ボタンが効きません。

一番左のJ3は特に、長い期間使っているだけに、

311震災の夜を共に乗り越えるなど思い出深きプレーヤーです。

なぜJ3を使っていたかって、非常に高音質で使い勝手良く、満足してたからです。

かなり細かく設定できるイコライザのほか、使いやすいインターフェース。

購入当時、静電式液晶タッチパネルを搭載したプレーヤーは少なかったですね。

しかし、2014年1月現在すでに生産中止、ヤフオクでも多く出回っておらず、

プレーヤー機能に特化した後継機種はcowonから出ていない模様。

改めていろいろ調べましたが、もはや携帯音楽プレーヤーの選択肢って、

ソニーのウォークマンかアップルのiPodだけになっていますね。

某ヨドバシカメラに行けば、売り場の比重が全然違います。

 

話が逸れました。携帯音楽プレーヤーを語るのが今回の筋ではありません。

iPod touch の音質改善アプリを試してみたって話です。

iPod touch もしくは iPhone を使ってる人は、

「ミュージック」ってアプリで音楽聴いてると思います。

が、これまで iPod を敬遠していたのは、音のモッサリ感が理由でした。

iPodが出始めた頃と変わってないんじゃないかって印象を持っています。

プレーヤー本体に組み込む部品やアンプやソフトってものは

恐らくapple社ならこだわろうと思えばいくらでもできるんでしょう。

が、音質に対する不満はアプリで解決させるっていうのが、

いかにもapple社らしくて楽しいですね。

さて早速ですが、いくつか試してみましたので、報告します。

世の中便利なもので、アプリの情報は山ほどあります。

私は、私なりの評価をしたいと思います。

また、評価ポイントと★は感覚、イヤホンはSHUREのSE215です。

 

①UBiO

 

操作感:★★★★★ (純正ミュージックアプリから違和感なし)

音質:★★★★★ (バランス良く音がアップデートされます)

お買い得感:★★★★★ (値段とのバランスも良いかと)

重低音の満足感:★★ (むー?)

今回試した中でいちばんバランスがいいです。

私は購入した翌日にダウンロードして、ずっとこれ使ってますね。

でも、低音をブリブリ聴きたいベーシストの私は、低音域の調整に若干不満です。

とはいえ、全体をきれいに鳴らしてくれるような感じなので、

アプリの性能でカバーできない iPod touch 本体のポテンシャルの問題かな。

このアプリの一番面白いところは、

使っているイヤホンに合わせた最適な音質設定を選択できることです。

今回はデフォルト設定での評価ですが、

「UBiO Default Standard」をの文字をタップして

使っているイヤホン「SHURE SE215」に変更することで、

低音域についてはかなり良い感じに改善されました。

f:id:eastMusicworks:20140123000457p:plain

この画面にて音質を視覚的に決められるのは斬新ですが、

パラメータ表示がないようなので戸惑うと思います。

上で効果アップ、下で効果ダウン、

左で低音域を強調、右で高音域を強調、というところでしょうか。

 

②Audio(DENON)

 

操作感:★ (キュー登録して再生ってところに違和感)

自由度:★★★★★★ (イコライザのプリセットは良いです)

お買い得感:★★★ (安い割に高機能)

トータルな満足感:★★★ (これがデフォルトだといいなー)

悪いように評価してるように見えるかもですが、そんなことはないです。

さすがDENON、音像をシャープにしてくれる効果を感じるアプリです。

ただ操作を考えると、純正ミュージックアプリからは乗り換えにくいかもなぁ。

プレイリストで聴く人は問題ないかと。

f:id:eastMusicworks:20140123000510p:plain

純正アプリにこれくらいの機能があると良いのにねぇ。

 

③Kaiser Tone

 

操作感:★★★ (操作しやすいですが、何分何秒から聴くってのができない?)

マニアック度:★★★★★★★★★★ (イコライザ機能ハンパないよ)

お買い得感:★★★ (1,000円!好きな人ならもっと★増えるかもね…)

普通の人でも使える度:★ (高いけど使えない、ってなる気がする)

正直、マニア向けと感じます。

30バンドのイコライザーなんて使いこなせる素人なんていないよヽ(*´∀`)ノ

業界の人じゃあるまいし、こんなイコライザ、職場にも特別な部屋にしかない。

どの周波数をいじるとどの楽器に利くとか、

そういう違いのわかる人にぴったりでしょう(笑)。

f:id:eastMusicworks:20140123001535p:plain

 

独断と偏見でお送りしましたミュージックアプリ、いかがでしたでしょうか。

最後に一言申し上げれば、人間の耳と感性は人それぞれなので、

好きなもん使ったら良いと思います (゚Д゚)ノオイオイ

プレーヤーもそうですが音質の追求はキリがないんで、

アプリ2個、3個買って楽しめりゃーそれでいいじゃないかと(・∀・)

まぁひとつ決めるなら、コストパフォーマンスから、私はUbio押しです。 

 

では、今日はこれまで!