読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

East Music Works's blog

なんでも屋eastによる、音楽レビュー、ベース、ヨーヨー、3Dプリンター&プロダクトなどのネタブログ。アーティスト・CDレビューを中心にゆるーく更新。

夕方の雰囲気満載の新世代シティポップ、「TOUCH / monolog kanata」

コンテンツ紹介

どうもeastです。

シティポップって聞きなれない言葉ですけど、

そういうジャンルというか、区分けがあるみたいです。

シティ・ポップ - Wikipedia

 

今日はmonolog kanataの「TOUCH」というアルバムを紹介。

定義からすると都会的なイメージを前面に出したポップスということですが、

ウィキペディアに並んでいる名前のアーティストの楽曲とは一線を画します。

ボーカルのKanata OkajimaさんはFeat.~って記述で結構見る気がします。

こういうのフィーチャリングボーカリストっていうんですかね。

日本の有名なアーティストに楽曲も提供している、歌えて作れるすごい方。

 

このアルバムはKanataさんの女声ボーカルと

聴きやすいアレンジの楽曲で至高の30分です。 

って言いつつピンポイントの動画もiTunesストアのサンプルもなくて、

この場で聴いてもらえないのが非常に残念です。

代わりに、monologさんの動画を。 

 

14歳からプロ活動してるんですってしゅごい。

ジャズ、ソウル、ヒップホップをミックスした聴いていて心地よい音楽。

 

もともとこの(↑3曲目DAY BY DAYがおすすめ)アルバムを

偶然手にして気に入っていたのですが、

先日またまたタワーレコードでふらついて

視聴機で見つけたのが冒頭の「TOUCH」。

即決して買って帰りましたが、後で調べたら作ってるの同じ人やん!

っていうことで、

偶然試聴して同じアーティストのものを手にして帰るということは、

私こういうの好みなんでしょうね。

 

なので、monologのサウンドが好きなら買って損なし。

 

なんでこの人の楽曲に惹かれるんだろうって考えたら、

90年代のミシェル・ンデゲオチェロのノリを想起させる、

ブラックミュージック寄りのポップスのテイストが濃いんですよね。

すげぇ日本人アーティストがいたもんだ。

 

夕方から暗くなり始めて、夜のはじめくらいまでのBGMとして最適っす。

 

今日はこれまで!