読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

East Music Works's blog

なんでも屋eastによる、音楽レビュー、ベース、ヨーヨー、3Dプリンター&プロダクトなどのネタブログ。アーティスト・CDレビューを中心にゆるーく更新。

イケベ楽器のコンパクトベースを「イケてるエレキベース」に改造しよう!③

どうもeastです。

コンパクトベースの紹介や、改造の方向性はこちらもご覧ください。

イケベ楽器のコンパクトベースを「イケてるエレキベース」に改造しよう!① 

 

工具の事にあまり触れてないですが、

ちゃんと専用のもの揃えたほうが良いんでしょうけど、

ドライバーとか、ピンバイスとかありものでやっちゃってます。

 

③ブリッジ交換 難易度:★★

交換用ブリッジの王道といえば、バダスベースⅡです。

弦の振動を安定させてくれる役割を期待して交換します。

なんですけども!最近は問題があって・・・。

リンクで紹介してますけど、資料です。

今ほんと、バダスⅡって手に入りにくいみたいです。

Amazonでも検索したので追加しときますがあてになりません。

 

バダスⅡが手に入らない昨今、代わりのものを紹介しておきますね。

BABICZ Parts Bass Bridge FCH-4B Chrome

BABICZ Parts Bass Bridge FCH-4B Chrome
価格:12,150円(税込、送料別)

このフルコンタクトブリッジは弦が暴れないというか、おすすめ。

私も1本、普通のジャズベースに使っていますよ。

Gotoh / ゴトー Bass Bridge Multi-Tonal Series J510…

Gotoh / ゴトー Bass Bridge Multi-Tonal Series J510…
価格:5,570円(税込、送料込)

Freedom Tone Shift Bass Bridge Ver.3 [SP-BB-03]

Freedom Tone Shift Bass Bridge Ver.3 [SP-BB-03]
価格:17,280円(税込、送料別)

このあたりは、ブリッジの重量を増して弦振動を安定させるという狙いが

バダスⅡに近いと感じます。

 

ベースのブリッジは、弦を固定し振動をボディに伝えるパーツですが、

作業が難しくないのに変化がはっきり出るのでオススメです。

 

ちなみに、もともとのパーツはご覧の通りよくあるブリッジです。

コンパクトベース、意外にもネジ穴の大きさや寸法が

普通のジャズベースと一緒なので交換はすごく簡単です。

しかしこのコンパクトベース、気になる点がひとつ。

f:id:eastMusicworks:20140518190005j:plain

オクターブチューニングしたあとは、

ブリッジのネジがほっとんど締め切り状態。これ位置おかしいんじゃない?

f:id:eastMusicworks:20120928114545j:plain

ということで、1センチ下げてブリッジを固定することにしました。

f:id:eastMusicworks:20121003162812j:plain

ボディの端っこ、ギリギリ。

1センチ以上移動させてたらボディに密着しなかったね。

ちなみに、ブリッジの溝切りですが、してません。

そういうところはこだわらないのが自分でも不思議(笑)。

 

④ネックポケットシム入れ 難易度:★

千石電商 ESPネックセットシム0.5mm 

自分、弦高は低めが好きなんですよ。

ブリッジをバダスに変えるだけでかなりセッティングの幅が広がるのですが、

ダメ押しで、ネックの角度を変えます。そのためには、「シム」が必要です。

たまたま近くの楽器屋で売ってた専用のものを使いましたが、

極端な話、ハガキでいいと思います。

お年玉が当たらなかったいらない年賀ハガキとか使えば良いです。

f:id:eastMusicworks:20120928120949j:plain

ネックを外して、奥側に設置します。

ネックを元に戻すときにずれると厄介なんで両面テープで軽く固定しています。

若干ですがネックが斜めになり、弦高を低くしやすくなります。

 

⑤ネックジョイントプレート変更 難易度:★

ネックとボディを繋いでいる部分の裏にある、金属製のプレートですね。

これを交換してみます。

f:id:eastMusicworks:20121003165938j:plain

素材や重さによって音に違いが出る!という話なのですが、

私はこういうのも試したんですが、

効果がイマイチ実感できず、軽さを重視して選びました。

f:id:eastMusicworks:20120928124507j:plain

コンパクトベースは「MADE IN CHINA」のシール(笑)。

f:id:eastMusicworks:20120928124516j:plain

ESP製のプレートなら20グラム軽い!

交換するだけなので手間ではないです。作業④のついでにやっちゃいましょう。

 

 

 

さて、今回も部品交換メインでお送りしました。

もう部品のほうが本体より高いって、いろいろ考えさせられることですよね。

だってさー、木と、加工と、適当なパーツの組み合わせのベースが2万円って。

楽器の組み立てにかかる費用とか、そういう考察もしてみたいよね…。

 

今日はこれまで!

まだまだ続きます。

 

★本連載は完了しております!~関連記事~

-イケベ楽器のコンパクトベースを「イケてるエレキベース」に改造しよう!⑤

-イケベ楽器のコンパクトベースを「イケてるエレキベース」に改造しよう!④

-イケベ楽器のコンパクトベースを「イケてるエレキベース」に改造しよう!③

-イケベ楽器のコンパクトベースを「イケてるエレキベース」に改造しよう!②

-イケベ楽器のコンパクトベースを「イケてるエレキベース」に改造しよう!①