読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

East Music Works's blog

なんでも屋eastによる、音楽レビュー、ベース、ヨーヨー、3Dプリンター&プロダクトなどのネタブログ。アーティスト・CDレビューを中心にゆるーく更新。

Revenge Of The Bee !! と、今後のヨーヨー制作予定。

f:id:eastMusicworks:20140430120308j:plain

先日ブチ上げたハニカム構造のヨーヨー、

データ入稿した翌日に「こんなん造形できませんよ~」ってNGが来たんですが、

いろいろ設計変更してなんとか出来ることになりました。

ということで、

EastMusicWorks謹製3Dプリントヨーヨーの(はやくも)フラッグシップ、

チタンボディ、ステンレスリム、アクリルコアのトリプルマテリアルヨーヨー、

「Honeycomb(ハニカム)」改め「QueenBee(クイン・ビー)」Coming soon!!

データの都合で3個発注したら少し費用を抑えられたので、

諭吉2人と一葉1人(予定、税込)で販売します。

さすがに造形が間に合わないので試し振りも何もないですが、

それでも欲しいなって人は、

今週末のジャパンナショナルヨーヨーコンテスト@秋葉原

にて声かけてください。改めて個別に案内します。

あと、ビデオ撮られてもいいよってテストプレイヤーも募集。

 

ちなみに、JNではType1とかHoneycombとは

別のものを披露できるといいかなと思ってます。間に合うかなー。

 

尚、御蔵入りしたハニカム構造を採用したヨーヨー「Honeycomb」ですが、

いつか3Dプリンターでそのまま作れることを信じて設計は残しつつ、

今後はシリーズ名として置くことにします。

同様の構造で私の好物オーバーサイズにした「Xyrocopa(ザイロコーパ)」、

ABS素材を採用した大型オフストリング機種の「Beehive(ビーハイブ)」、

先日から考えていた「3Dプリンターものづくり」の課題を自分なりに落とし込んだ

ヨーヨーってなんぞ?って人に向けた超入門用ヨーヨー「Hatch(ハッチ)」、

を、夏~秋くらいまでに仕上げていきたいと思います。

部品の一部は先日の3Dプリンター屋に行って出力してもらおうと思ってます。

このあたりのヨーヨー制作が落ち着いたら 別のモノも作りたいです、ええ。

 

それから、図面の書き方だけではなく、

3Dプリンターでのヨーヨー制作にあたって得られたノウハウもまとめたいですね。

「こういうデータはダメでした」「これやったらできました」っていう事例集。

突っ込んだところで言えば、

素材の向き不向き、精度、はめ込みのトレランスとか、

私なりに蓄積しているものがけっこうあるんです。

既にいくつもダメだし食らってたり、

公表してないけど失敗してたりしてますからね(笑)。

 

では、今日はこれまで!

後ほど、ぼくヨープロジェクト記事を更新できれば、更新します。