East Music Works's blog

なんでも屋eastによる、音楽レビュー、ベース、ヨーヨー、3Dプリンター&プロダクトなどのネタブログ。アーティスト・CDレビューを中心にゆるーく更新。

3Dプリンターでヨーヨーを作ろう① 準備編

今日の失敗は、明日の成功。

どうもeastです。

さて本日より「ぼくがかんがえたさいきょうのヨーヨープロジェクト」略して、

「ぼくヨープロジェクト」を開始したいと思います。

ワーヽ(*´∀`)ノワーヽ(*´∀`)ノワーヽ(*´∀`)ノワー

正直言って、こういう需要があるのかどうかもわかりませんが、

ある程度の競技プレイヤーであれば、

ヨーヨーを作ってみたいっていう気持ちを持ってる人、いるのでは?

 

とはいえ、この連載で考案、設計し、3Dプリントして完成するヨーヨーは、

近年競技シーンでは当たり前となったフルメタルヨーヨー、

そして特に最近主流となっているバイメタルヨーヨーには敵わないと思います。

しかし、自分で考えたヨーヨーを現実のものとする、実際に使える!

私が味わったそのエキサイティングな体験を、

ぜひぜひ、あなたにも味わってみて欲しいと思っています。

最後までお付き合いください。

ちなみに設計したボディ部分とリム部分は生きた教材として、

連載を進める過程でDMM3Dのクリエイターマーケットで入手できるようにしますね。

※本連載で作成するヨーヨーはバインド仕様の競技向けヨーヨーです。

 ヨーヨーの初心者 、バインド習得がまだの方は、

 販売店、ネットショップ等で基本的なものを購入することをお勧めします。

 

さてさて。その第1回目、今日は準備です。

この連載では、私のオリジナルヨーヨー「Three Dimension Type2」の作成を通じ、

3DCADや3Dプリントサービスの使い方を知り、

最終的には、自分の考えたヨーヨーを手にしていただくのが目的です。

記事の通りにやらなくてもそこそこのものが作れるとは思いますが、

私が通った道を辿っていただくことで、獣道を通ることは避けられるでしょう。

それから、いきなり3DCADや

3Dプリントサービスのホームページを探すのはおすすめしません。

まして、3Dプリンターを買うことなんて考えなくていいです。

手順を踏んで一歩ずつ進めていきましょう。

 

①方眼紙

f:id:eastMusicworks:20140408163632j:plain

はい、ということでね。これは必須だと思っています。

いきなりパソコンの画面で平面図、

まして立体図が書ける人なんてそんなにいないでしょう。

まずは手で書いてみよう。方眼紙は便利です。

 

②文房具

f:id:eastMusicworks:20140408163711j:plain

左から、シャープペン、消しゴム、コンパス、定規、です。

方眼紙に図面を書き起こすのに必要な道具ですね。

まぁ家にあるものでいいと思います。画像がぶれてる…(笑)。

 

③ノギス

f:id:eastMusicworks:20140408163726j:plain

ボールベアリングやネジ、ナットなど現代のヨーヨーに必須な部品だけは、

3Dプリンターで出すことはできません。

いや、突き詰めたらできるんでしょうけど、

そこは既製品を使ったほうが楽なんじゃないかなと。

その場合、穴や経の実寸を測ることが必要になります。

寸法を測るには専用の道具、数値を読むのが楽なデジタル表示のノギスが便利です。

ほかに、デジタル重量計があっても良いかもしれません。

必須ではないですがあったら便利です。

 

次は作図、データ入稿の環境です。

④パソコン

ブログを書くのも、音楽を作るのも、今やパソコンは必須です。

あんまりスペックが高いものでなくてもいいと思いますが、

大きな3Dファイルを出力するときにそれなりにパワーが要求されるので、

CPUはデュアルコアもしくはクアッドコア

メモリ容量にも余裕があったほうがいいかもしれません。

CADソフト立ち上げるたびにフリーズなんてしてたら製作どころではないです。

あと、私はマウスで作業してます。

 

⑤3DCAD

f:id:eastMusicworks:20140408164336j:plain

http://www.rs-online.com/designspark/electronics/jpn/

CADとは、Computer Aided Design(コンピュータ支援設計)のことです。

3DのCADは調べればいろんなものが出てきますが、

私はDESIGN SPARK社の「Design Spark Mechanical」をおすすめします。

利点は、フリーソフトであること、操作が直感的であること、日本語表示、です。

初心者が使っていくには十分です。

あとこのCADは使ってて「えっ!?」ってなることが一番少なかった(笑)。

けれども、3Dプリンターでは基本となる形式、

STLファイル出力ができるCADならなんでもいいです。

アクティベーション方法と基本操作の説明は、トップページ下部にあります。 

 

⑥根気

やってみようと思ったところからスタートですが、

最初のパッションを最後まで維持することはとても大変です。

なんでもそうだと思いますけど。

最近、ある人とご飯食ったときに、

「ヨーヨーが好きだ、っていうことはどういうことなんだろうね」って話があって、

それ以来、ずっと自問自答してます。

これ、何にでも置き換えて考察できるすごく深いクエスチョンだと思います。

行き詰まったとき、誰かと話をすることは最良の解決策かもしれません。

結果迷うことになっても、急にブレークスルーするかもしれませんし。 

 

 

 

本日はここまで!

次回はヨーヨーのコンセプト作りです。